Skip to main content

治験コーディネーター認定資格

新薬開発に貢献する仕事

近年の医薬品を開発する技術はめざましく、様々な病気を治療するために役立つとされる新薬が登場しています。
新薬を開発し、実用化するまでにはたくさんの人々が関わることになりますが、そのためには治験と呼ばれる安全性を確認するための臨床試験をパスしなければいけません。
治験をスムーズに行ない、被験者のデータを正確に収集するために活躍するのが治験コーディネーターいわゆるCRCの役割になります。
治験コーディネーターになるためには必ずこの資格を取得するべきというものではありませんが、専門性の高い業務を担当することになるため臨床検査技師や看護師、薬剤師など医療系の専門資格を取得している方が認定資格を取得して仕事に従事するケースがほとんどです。

治験コーディネーター認定資格について

治験コーディネーター認定資格については複数の団体や学会より認定されるものが存在しています。

日本SMO協会が主催団体として公認しているCRC制度については、受験資格は協会が定めているCRC導入教育研修を修了して既に修了証を取得していること、導入教育研修が修了した日から2年以上CRCの実務経験があること、要綱細則で決められている継続教育の基準に適合していることの条件を満たしている方が該当します。
条件に合致している方を対象に受験手数料として1万円で年一回だけ筆記試験を行う方式で認定試験が行われます。
更新については5年毎に行われ、更新試験を受験して合格するか、更新条件を満たしていれば無試験で更新できるという仕組みになっています。

参考:http://jasmo.org/ja/expart/license/index.html

日本臨床薬理学会が主催団体になっている認定CRC制度は、受験資格として専任CRCの実務経験が2年以上あることなどの充分な実務経験を有していること、CRCとして活動した実績を所属長などが証明できること、学会が指定しているCRC研修会などに参加した実績があることという条件を全て満たしていることが必要になります。
必要書類を揃えて受験料2万円を送金して申込みを行ない、東京の昭和大学で筆記試験と面接試験を実施することになり、筆記試験は多肢選択式と論文形式で合格者は機関紙でも発表されます。
その後理事会で認定されてから認定料として3万円を納入すると認定CRC証が交付される流れになっています。
なお、更新は5年ごとで学会が指定している研修を受講して合計100点以上取得することが条件になります。

この他にも認定開発支援ネットワーク、SoCRA日本支部などが認定している資格が存在しています。
どの認定資格を取得するべきなのかは職場によって指定される場合もあるため一概にはいえませんが、認定資格を取得することが昇給などの条件になっている場合もあるので積極的に取得を目指しておきたい資格です。