Skip to main content

輸血検査技師認定資格

安全性の高い輸血を行うために活躍

突然の怪我や手術などにより大量に血液を失ってしまった患者さんには早急に輸血を行う処置が必要になりますが、他人の血液を「移植」することになるため副作用や合併症のリスクは少なからず伴うものです。
正しい知識と技術を持っていなければ安全性の高い輸血処置はできないと言われているほど重要なものです。
輸血に関する正しいスキルを習得し、安全性の高い輸血を実現するために技師の育成を目指して誕生したのが輸血検査技師制度です。

輸血検査技師認定資格の概要

輸血検査技師士制度を運営しているのが認定輸血検査技師制度協議会です。
受験資格があるのは臨床検査技師の資格を既に取得していること、受験申請時に所定の学会に通算3年以上そして現在も会員であること、輸血検査歴3年・他の検査歴も含めて満5年以上にわたる検査業務の実務経験があり所定の資格審査基準を満たしていること、受験申請にあたって所属長からの了解を得ること以上の条件を全て満たしていなければいけません。
受験資格を満たす条件に関しては細かく規定されていますので、詳しくは公式サイトに記載されている内容をよく確認することをおすすめします。

参考:http://yuketsu.jstmct.or.jp/authorization/for_ctl_technician/

受験資格を満たしている方は申請料15000円を納入して受験申請を行ないます。
新規受験をする方は1月中旬から下旬まで、再受験をする方は2月初旬から中旬までの期間に手続きを終えるようにしてください。
用意しなければいけない書類も多いので期間に余裕を持って準備しておくと良いでしょう。
受付後、事務局が受験資格を審査した結果が通知されますので、その結果を受けて3月から4月にかけて研修先になる施設の指定や合同研修会の日時が連絡されます。

指定施設での研修は3日間に渡って行われ、病院では2日間血液センターで1日行うことになり、4月から6月の間に実施されます。
その後2日間の合同研修会が京都府立医科大学で実施され、初日が合同研修会で翌日は一次試験が行われます。
研修料は12000円、一次試験料は3000円の費用が必要になります。
一次試験はマークシート方式の筆記試験が約1時間行われます。

一次試験に合格後二次試験に進むことになりますが、二次試験の受験資格を得た方には7月に連絡がされて8月に二次試験が行われ、試験料は16000円になります。
二次試験は筆記試験と実技試験が行われますが、特に実技試験では結果が正解していることはもちろんですが確実な実技や熟練度も評価対象になります。
二次試験合格後に輸血検査技師として認定されることになりますが、登録料として2万円必要になります。
認定されるのは9月頃の予定になっています。

認定期間は5年間なので、認定期間の最終年に更新手続きを行う必要があります。