Skip to main content

受け付けや控え室でのマナー

この時点で面接は始まっていると考えましょう

面接が始まる前には受け付けを行ない、控え室でしばらく待つように指示される場合があります。
この時点で既にあなたは社会人として相応しい人物なのかを見極められる面接の一部であると考えて正しいマナーを守るようにしてください。
多くの人が見落としがちな受付や控え室でのマナーについてご紹介します。

受け付け時のマナーについて

社会人としての基本ですが、受付時間に間に合わずに遅刻してしまったという結果は論外です。
面接をしなくても、この時点で大きなマイナスイメージを植え付けてしまうので、かなり不利な状況になると考えてください。
また、時間に余裕を持ちすぎて予定時間の1時間以上前に受け付けに訪れるのもNGです。
先方にもスケジュールの都合がありますので、勝手な判断で時間をずらすようなことがあってはいけません。

大抵でも5分前には到着をするように余裕のある行動を心がけてください。
初めて訪れる場合には道に迷ってしまうことや渋滞に巻き込まれることも予想されるため、事前に場所を確認する意味で面接場所に訪れておくと安心です。

受け付けをする前にもう一度身だしなみを確認し、職場の方に会ったら会釈や挨拶をするようにしてください。
受付担当者には面接で訪れたことを丁寧な言葉遣いで伝えると控え室を案内されるはずですのできちんとお礼を伝えてください。

控え室でのマナーについて

面接を行うまでの時間は控え室で待つように指示される場合が多いです。
あなた以外にもこれから面接を受ける方が待っている場合もありますが、つい話し込んで大騒ぎをしないように注意してください。
面接時間まで余裕があるので、スマートフォンを取り出して操作したり、タバコを吸い出すような行為は絶対に禁物です。
控え室で待っている間も職場の方に行動をチェックされていると考えて、静かに待つように心がけましょう。

職場によっては時間が来るまでリラックスして過ごしてもらえるようにと飲み物などを用意してくれる場合があります。
直接担当の方が持ってきてくれた場合には、恐れいりますと一言伝えるだけでもかなり好印象を与えることができます。

もうすぐ自分の運命を決めることになる面接が始まると考えるとかなり緊張している方も多いはずですが、あまり緊張し過ぎると面接で失敗することも考えられるためとにかく落ち着いて過ごすことが大切です。
控え室でも面接のシミュレーションをもう一度行ない、失敗することがないようにしてください。

また応募先から資料を受け取っている場合には、控え室で待っている時間にしっかり目を通しておき内容を把握しておくことも大切です。
この後の面接で資料について質問されることも予想されますので、準備を怠らないようにしてください。

面接の事前準備

抜かりがないように最後までチェックを!

転職活動の最後を締めくくるのが面接ですが、面接に臨む前にしっかり事前準備を行って万全の体制を整えておきたいものです。
ここで失敗すると転職活動を一からやり直さなければならないため、何としてでも成功させるために冷静に面接に臨むことができるように気持ちに余裕を持つことが大切です。
ここでは面接の事前準備として行ないたいことをご紹介します。

面接の流れを掴みましょう

まずは面接がどのような流れで行われるのか頭の中で何度もシミュレーションを重ね、当日慌てることがないようにしてください。
入室する際には軽くドアをノック後に、失礼しますと言ってから入室してください。
面接官としっかり目を合わせてから「どうぞよろしくお願いします」と声をかけて一礼をして先方から「どうぞかけてください」と声をかけられるまで席につかないようにしてください。

着席をすると面接が開始されますが、まずは面接官から様々な質問がされますので緊張をしないように落ち着いて回答してください。
この時に面接官と必ず目を合わせるようにして会話をするように心がけましょう。
相手の目を合わせずに会話をするのは、きちんとコミュニケーションがとれない人だと判断されるためマイナスイメージに繋がります。
わかりやすく丁寧に回答するように心がけてください。

面接官からの質疑応答が終わったら応募者からの質問はないですか?と聞かれることが多いです。
ここで「特にありません」と回答をするのはNGで、本当にその職場で仕事をしたいという意欲があるならどんなに些細なことでも質問をして意欲を示すことが大切です。
何も質問がないということは、この職場に対して何の興味を持っていないのではないかと思われても仕方がありません。

最後は席を立って、ありがとうございましたと一礼をして、ドアの前でも一礼をしてから退室します。
最後まで気を抜かないようにドアの開け閉めには注意を払うようにしてください。

面接時の受け応えをシミュレーション

面接で気をつけたいのは受け応えの内容についてです。
特に言葉遣いに関しては普段の話し方が出てしまうので、社会人として相応しい言葉遣いを心がけるようにしてください。
自分では正しい言葉遣いだと思っていても、尊敬語と謙譲語がバラバラになるような話し方にならないように注意してください。

また、よく聞かれる質問についても適切な回答ができるように何度もシミュレーションしておきましょう。
よく聞かれる内容としては、塩振動機や自己PR、自分がこの職場でどんな活躍ができるのかなどの内容についてです。
明らかに用意しておいた答えという機械的な話し方にならないように注意して練習を重ねてください。

職務経歴書の書き方

今までの仕事内容や自己PRを記載

転職活動の際には履歴書の提出と合わせて職務経歴書を提出するように指示される場合があります。
職務経歴書ではあなたがこれまでにどのような職歴を歩んできたという内容だけでなく、具体的にその職場でどんな業務について担当していたのか、希望している職場でどのような仕事ができるのかという自己PRも合わせて記載することになります。
職務経歴書の書き方次第で好印象を与えることができるので、慎重に内容を選んで記載するようにしてください。

なお、職務経歴書については市販されている用紙にこだわらず、自由な書式で記載しても問題ないとされています。
できるだけ見やすくするためにパソコンを使って工夫しながら作成する方も多いですが、この場合はA4サイズで2枚以内に収まるように記載しましょう。
ここでは一般的に記載される内容についてご紹介します。

職歴要約

最終学歴からどのような職歴を歩んできたのかをわかりやすく記載します。
見やすいように箇条書きにしても良いですし、短く文章でまとめても構いません。
ここで記載しておきたい内容は最終学歴卒業後に入職した職場でどのような業務を行ったのか、その後転職をしている場合にはその内容についてもわかりやすく記載しておきましょう。
細かい内容についてはこの後記載することになりますので、ここではあくまでも要約に留めておくようにしてください。

職務経歴の詳細

実際に前職でどのような職歴を歩んできたのかをわかりやすく記載します。
職場の名称と勤務年数を具体的に記載して職場の概要についても記載してください。
例えば病院に勤務していた場合には所在地や診療科目、病床数、従業員数なども記載しておくと職場の規模を掴んでもらうことができます。

その職場でどのような仕事を担当していたのかを細かく記載することがポイントです。
配属されていた職場、業務内容を詳しく記載して使用していた機器についても必要になります。
実際にあなたがどのような検査機器を用いて仕事に従事していたのかを知ることで、臨床検査技師としての実力を把握するという意味があります。
複数の職場で勤務経験がある方は、それぞれの内容をできるだけ詳しく記載しましょう。

自己PR

最後に自己PRを記載しますが、職務経歴書に記載した職歴を踏まえて希望している職場であなたがどのような活躍ができるのかをしっかりアピールしてください。
仕事に対する取り組み方や自分が発揮できる強みについてもしっかりアピールすることで採用担当者に好印象を与えることができます。
この職場に興味を持ったきっかけについても記載し、自分が持っているスキルを十分に発揮できる職場だと感じたことを伝えると好印象を持ってもらえます。

履歴書の書き方

第一印象が大事!

どんな職場を希望した場合でも必ず提出を求められるのが履歴書です。
書類選考を行う際参考にする書類として扱われるため、場合によっては履歴書の内容に応じ面接ができる人を絞り込むための判断材料になります。
ただ空欄を埋めようというつもりではなく、あくまでも第一印象を良くするために必要な書き方をしなければいけませんが、あからさまな嘘をついてまで自分をよく見せる必要はありません。
転職活動時に役立つ正しい履歴書の書き方について詳しくご紹介します。

学歴、職歴について

履歴書の学歴欄にはあなたが通った学校の入学年月日と卒業年月日を記載します。
一般的には中学校の卒業年月日または高校の卒業年月日から記載することが多いです。
大学や専門学校の入学年月日と卒業年月日も忘れずに記載しなければいけませんが、間違いのないように注意してください。

職歴欄については前職を含めた入職年月日と退職年月日を記載してください。
詳しい内容については別途職務履歴書の提出を求められる場合が多いため、履歴書では大まかな経歴がわかるように記載しておきましょう。
これまでに何度も転職を重ねているという方は職歴欄に書ききれないということも予想されますが、あまりにも正直に記載すると職を転々とし過ぎているという印象を与えてこの時点でマイナスイメージになるので注意してください。

資格・特技・趣味欄

資格欄については臨床検査技師をはじめとした資格を取得した年月日を記載します。
この時に注意したいのは、取得した年月日順に記載をすることです。
臨床検査技師関連の専門資格を取得している方も記載しておくようにしてください。

採用担当者はできるだけ優秀な人材を採用したいと考えているため、関連資格を取得している人ほど高く評価してくれる傾向があります。
資格欄が埋まるほどのたくさん資格を持っている人ほど有利になるので、積極的に資格取得を目指すことが大切です。

特技欄に関してはできるだけ嘘偽りがない内容を記載しなければいけませんが、あまりにも正直に記載するとマイナスイメージになる内容もあるので注意してください。
できれば仕事に関連性の高い特技や趣味について記載しておくと、プラスイメージを与えることができます。

志望動機欄

履歴書で最も困るのが志望動機欄で、面接でも聞かれることが多い内容です。
あまりにも短すぎると意欲が感じられないと判断されるため、少なくても200~300文字くらいは記載するようにしてください。
志望動機では求人案件の内容を確認した際にこれまで自分が培ってきた経験を十分に発揮できる仕事であると判断したとか、職場の特徴や方向性に共感できて自分もその一員として頑張っていきたいという意欲を示すなど前向きな内容になるように考えてください。

面接における身だしなみ

客観的にチェックが必要!

面接時には第一印象を良くするためにしっかりと身だしなみを整えなければいけません。
自分では問題ない身だしなみだと思っていても、第三者から見ると明らかにだらしないと思われるような身だしなみでは面接も失敗する可能性があるので注意が必要です。
客観的に自分の身だしなみを確認して、おかしいと思われるような箇所がないかチェックしてみましょう。
ここでは面接における身だしなみとして注意したい点をいくつかご紹介します。

男性の身だしなみ

男性の場合はあらかじめ清潔感のある髪型にカットしておくようにしてください。
自分では清潔感があると思っていても、他人が見た時に一人でも清潔感がないと思われるような髪型では意味がありません。
前日までにスーツやシャツの状態をチェックして、ひどいシワや汚れがないか確認しておきましょう。
クリーニングのタグなどが残ったままでは明らかに印象が悪くなるので、隅々まで確認を忘れないで下さい。

当日はしっかりヒゲを剃ってキレイにしておき、髪型も寝ぐせがないか確認してください。
目やにや鼻毛なども残っていないか確認し、清潔感のある第一印象を心がけるようにしてください。

服装はネクタイが曲がっていないか、肩にフケが付いていないかなどを面接直前までしっかり確認をしてください。
靴紐の緩みや腕時計のチェックも忘れずに行ないましょう。

女性の身だしなみ

女性は面接時のスーツをスカートにするかパンツスタイルにするかで迷うという方も多いですが、基本的にはどちらでも構いません。
何となく女性はスカートの方が良いというイメージを抱いている方もいますが、パンツスタイルだからといって面接で不利になることはありませんので安心してください。
ただし、どちらを選んだとしてもシワや汚れがあると印象が悪いので、キレイな状態なのかを最後まで確認しておきましょう。

ヘアスタイルは長い髪の方は一つにまとめるなど清潔感を与えるように心がけてください。
カラーリングは派手な色でなければ問題ないとされていますが、基本的には地毛で臨むのが一般的です。
メイクは厚化粧にならないように注意して、ほとんどメイクをしていないようなナチュラルメイクを心がけましょう。
爪も派手なネイルを施しているのは絶対にNGで、目立たない色でもマニキュアを塗っているのは印象が悪いので、短くカットして清潔な状態にしておきましょう。

スカートを選択した場合はストッキングの伝線に注意してください。
朝出かけた時には問題なかったのに、面接の直前に伝線していることに気づいても遅いので、あらかじめ予備のストッキングを持ち歩くようにして面接直前にチェックをしておくと安心できます。
靴はあまりにもヒールが高いと印象が悪いので注意をしてください。