Skip to main content

受け付けや控え室でのマナー

この時点で面接は始まっていると考えましょう

面接が始まる前には受け付けを行ない、控え室でしばらく待つように指示される場合があります。
この時点で既にあなたは社会人として相応しい人物なのかを見極められる面接の一部であると考えて正しいマナーを守るようにしてください。
多くの人が見落としがちな受付や控え室でのマナーについてご紹介します。

受け付け時のマナーについて

社会人としての基本ですが、受付時間に間に合わずに遅刻してしまったという結果は論外です。
面接をしなくても、この時点で大きなマイナスイメージを植え付けてしまうので、かなり不利な状況になると考えてください。
また、時間に余裕を持ちすぎて予定時間の1時間以上前に受け付けに訪れるのもNGです。
先方にもスケジュールの都合がありますので、勝手な判断で時間をずらすようなことがあってはいけません。

大抵でも5分前には到着をするように余裕のある行動を心がけてください。
初めて訪れる場合には道に迷ってしまうことや渋滞に巻き込まれることも予想されるため、事前に場所を確認する意味で面接場所に訪れておくと安心です。

受け付けをする前にもう一度身だしなみを確認し、職場の方に会ったら会釈や挨拶をするようにしてください。
受付担当者には面接で訪れたことを丁寧な言葉遣いで伝えると控え室を案内されるはずですのできちんとお礼を伝えてください。

控え室でのマナーについて

面接を行うまでの時間は控え室で待つように指示される場合が多いです。
あなた以外にもこれから面接を受ける方が待っている場合もありますが、つい話し込んで大騒ぎをしないように注意してください。
面接時間まで余裕があるので、スマートフォンを取り出して操作したり、タバコを吸い出すような行為は絶対に禁物です。
控え室で待っている間も職場の方に行動をチェックされていると考えて、静かに待つように心がけましょう。

職場によっては時間が来るまでリラックスして過ごしてもらえるようにと飲み物などを用意してくれる場合があります。
直接担当の方が持ってきてくれた場合には、恐れいりますと一言伝えるだけでもかなり好印象を与えることができます。

もうすぐ自分の運命を決めることになる面接が始まると考えるとかなり緊張している方も多いはずですが、あまり緊張し過ぎると面接で失敗することも考えられるためとにかく落ち着いて過ごすことが大切です。
控え室でも面接のシミュレーションをもう一度行ない、失敗することがないようにしてください。

また応募先から資料を受け取っている場合には、控え室で待っている時間にしっかり目を通しておき内容を把握しておくことも大切です。
この後の面接で資料について質問されることも予想されますので、準備を怠らないようにしてください。