Skip to main content

業界情報

異業種の特徴を確認しておきましょう

臨床検査技師の有資格者は現在病院などで勤務している方が多いと思いますが、他の業種への転職を検討している場合、現在の業界とは異なる特徴を知っておかなければ転職に成功をしても「こんなはずではなかったのに…」と後悔することも考えられます。
主に衛生検査技師の有資格者が活躍できると考えられる業界情報をご紹介します。

治験業界

現在は昔と比べると医学が発展したことから、不治の病と言われて諦めるしかなかった病気も治せるような時代になりました。
それでもまだ完治が難しいとされている難病がたくさん存在しているため、これらの病気を治すために必要な医薬品や、既に開発されている医薬品を更に安全性の高いものにする新薬の開発が行われています。
新薬が実用化されるまでには数百億、数千億円とも言われる膨大なお金が必要になり、安全性が確認されるまでには10年から15年くらいはかかるとも言われています。

たくさんの人達が新薬開発に携わりますが、その中でも新薬を実用化する前に実際に人に使用してもらってその結果をデータ化して安全性の最終チェックを行う工程が必要になります。
このように新薬の安全性を確かめることを治験といいますが、治験に関わる治験コーディネータ=CRCや臨床開発モニター=CRAの仕事になります。
これらの職種は臨床検査技師や看護師などの免許を持っている方が担当することになります。

CRCは治験を行う病院側のサポート役として活躍し、CRAは新薬を開発した製薬会社側のサポート役になるという違いがあります。
そのため、治験コーディネーターとして仕事をする場合はSMO企業に勤務するのに対して、臨床開発モニターは製薬会社に直接雇用されるかCRO企業に所属することになります。
未経験者でも積極的に採用している職場が多いため、臨床検査技師の有資格者が転職活動をする際には有力な転職先候補として選択肢に入れる場合が多いです。

医療機器メーカー

医療機器を取り扱っているメーカーでも臨床検査技師の有資格者が活躍できる仕事としてアプリケーション・スペシャリストと呼ばれている仕事があります。
この仕事は病院などに訪問して超音波検査などの装置を医師などに説明をするもので、医療機器メーカーの営業職をサポートする役割になります。

医療水準を向上させたいと考えている医療機関では、積極的に最新機器を導入したいと検討していることから、検査機器の需要は今後も変わらず高まっていくと予想されています。
医療機器メーカーで勤務している営業職でもしっかり説明できるように研修を重ねていますが、臨床検査技師として仕事に従事していた方の経験を活かして商品説明をサポートしてもらった方が説得力もあるとして需要も高くなると考えられます。