Skip to main content

転職アドバイス

様々な選択肢があります

臨床検査技師の有資格者は様々な職場で専門職として活躍することができるため、現在の職場に何らかの不満を抱いている場合や、今まで以上にスキルアップやキャリアアップを目指したいという場合には転職を検討する方も多いはずです。
転職活動をする際に知っておいていただきたいポイントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

面接を受ける際の注意点

転職活動ではどのような職場を希望している場合でも面接は必ず実施されます。
筆記試験は得意でも面接試験はどうしても緊張するため本来の自分をアピールできないという方も多いです。
面接はとにかく落ち着いて冷静に受け答えをすることが大事ですが、絶対にこのような対応はしてはいけない事をご紹介します。

面接をする前などに先方から名刺を受け取る場合もありますが、名刺の受け渡しは社会人の常識として正しいマナーを守るようにしてください。
何気ない動作のように感じられますが、この対応で最低限のマナーを持ち合わせている人なのかを見極められる可能性があるのです。
名刺を受け取ってすぐ無造作にポケットにしまいこんだりすると大変失礼にあたります。
できれば名刺入れを持参して名刺入れにしまうか、面接が終るまで机の上において面接終了時に必ず持ち帰るというマナーを守ってください。

この他に履歴書や職務履歴書に記載した内容と異なる受け答えを面接で行うことがないようにしてください。
自分を良く見せようと必死になりすぎて、つい思ってもいないことや自分を持ち上げるような発言をする人がいます。
あまりにも辻褄が合わないような受け答えになると不信感を抱かれることになるので十分注意してください。

専門的なサポートを受ける

転職をすると決断するまでには色々悩んできたことも予想されますので、後悔するような結果にはしたくないものです。
専門的な転職アドバイスを受けることができる転職エージェントを上手に活用するのもおすすめです。

参考:http://www.tempstaff.co.jp/kmenu52/

例えばこの転職エージェントでは、メディカル分野以外の理系職も総合的にサポートしてくれるので、臨床検査技師の有資格者にとって幅広い選択肢の職場から最適なものを選べるようになっています。
これまでのキャリアを活かせる職場にしたいなどの希望に沿って最適な職場を紹介してもらうことができるため、効率良く転職活動を進めることができます。

内定が決まってからの注意点

転職活動を行なった結果、先方から内定の連絡が届いた場合にはできるだけ早く返事をすることが正しいマナーです。
あまり返事が遅れてしまうと内定辞退として捉えられてしまう可能性もあるので注意しなければいけません。
もし迷っている部分があれば、できるだけ早く疑問点を解決して先方に失礼がないように返事をするように心がけましょう。