Skip to main content

面接の事前準備

抜かりがないように最後までチェックを!

転職活動の最後を締めくくるのが面接ですが、面接に臨む前にしっかり事前準備を行って万全の体制を整えておきたいものです。
ここで失敗すると転職活動を一からやり直さなければならないため、何としてでも成功させるために冷静に面接に臨むことができるように気持ちに余裕を持つことが大切です。
ここでは面接の事前準備として行ないたいことをご紹介します。

面接の流れを掴みましょう

まずは面接がどのような流れで行われるのか頭の中で何度もシミュレーションを重ね、当日慌てることがないようにしてください。
入室する際には軽くドアをノック後に、失礼しますと言ってから入室してください。
面接官としっかり目を合わせてから「どうぞよろしくお願いします」と声をかけて一礼をして先方から「どうぞかけてください」と声をかけられるまで席につかないようにしてください。

着席をすると面接が開始されますが、まずは面接官から様々な質問がされますので緊張をしないように落ち着いて回答してください。
この時に面接官と必ず目を合わせるようにして会話をするように心がけましょう。
相手の目を合わせずに会話をするのは、きちんとコミュニケーションがとれない人だと判断されるためマイナスイメージに繋がります。
わかりやすく丁寧に回答するように心がけてください。

面接官からの質疑応答が終わったら応募者からの質問はないですか?と聞かれることが多いです。
ここで「特にありません」と回答をするのはNGで、本当にその職場で仕事をしたいという意欲があるならどんなに些細なことでも質問をして意欲を示すことが大切です。
何も質問がないということは、この職場に対して何の興味を持っていないのではないかと思われても仕方がありません。

最後は席を立って、ありがとうございましたと一礼をして、ドアの前でも一礼をしてから退室します。
最後まで気を抜かないようにドアの開け閉めには注意を払うようにしてください。

面接時の受け応えをシミュレーション

面接で気をつけたいのは受け応えの内容についてです。
特に言葉遣いに関しては普段の話し方が出てしまうので、社会人として相応しい言葉遣いを心がけるようにしてください。
自分では正しい言葉遣いだと思っていても、尊敬語と謙譲語がバラバラになるような話し方にならないように注意してください。

また、よく聞かれる質問についても適切な回答ができるように何度もシミュレーションしておきましょう。
よく聞かれる内容としては、塩振動機や自己PR、自分がこの職場でどんな活躍ができるのかなどの内容についてです。
明らかに用意しておいた答えという機械的な話し方にならないように注意して練習を重ねてください。