Skip to main content

臨床検査技師のお仕事とは?

間接的に病気の治療に貢献できる

患者さんの病気を治療するためには、医師が適切な診断を行ない、医師の指示に従って看護師などが適切な処置を行ったり、薬剤師が医薬品を処方するなどのチーム体制でそれぞれが専門的な役割を担当することになります。
医師が何らかの病気を疑った場合、患者さんから血液や尿などを採取して詳しい検査を行うのが臨床検査技師のお仕事です。
直接患者さんの顔を見て治療に関わるという仕事ではありませんが、臨床検査技師が何らかの異常を発見するからこそ、医師が適切な診断をする判断材料にすることができるため、間接的に患者さんの病気を治療する役割に貢献できます。
もしも臨床検査技師が異常を発見していなければ医師も適切な診断ができずに治療を開始するのが遅れてしまうという事態も想定できるため責任は重大なものだと考えられますが、仕事に対してやりがいを感じながら従事できる素晴らしいお仕事になります。

このサイトでは既に臨床検査技師として仕事に従事している方や、これから臨床検査技師になりたい人に向けて役立つ情報をご紹介しています。
臨床検査技師として活躍するために知っておきたい事、臨床検査技師の資格を活かして新たなステップアップをするためにはどうするべきなのかなども丁寧に解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師とは具体的にどのような仕事内容なのかを解説しています。
主な仕事内容としては検体検査と生理機能検査があり、より専門性の高い判断ができるようにいくつかの領域に分かれた超音波検査士などの職種も存在しています。
今後は様々な職場で専門職の需要が高まると予想されていることから、早い段階でスキルアップを目指しておくことが大切だとされています。

関連資格

臨床検査技師の免許を取得している方が、更にスキルアップやキャリアアップを実現するために役立つ関連資格についてご紹介します。
資格取得をするために必要な条件などを確認しながら、今後のキャリア設計にお役立てください。

スキルアップ情報

医療に関する技術は常に進化していることから、臨床検査技師の免許を取得してからも現状に甘んじることなく常に向上心を持ってスキルアップを目指したいものです。
ここではスキルアップに役立つ情報を随時ご紹介します。

転職お役立ち情報

新たなステップとしてスキルやキャリアを向上させる方法の一つに転職をするという選択肢もあります。
転職活動をする際に知っておきたい面接時のマナーや履歴書の書き方など今更人には聞けない基本的な内容もご紹介しています。
単純に現在よりも収入アップが見込める職場を探すのではなく、仕事内容な勤務体系なども考慮して総合的に判断することが大切です。